上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日は、日曜サスペンス劇場
「誘拐・さらわれた娘~都会の死角に潜む魔の手、母子を襲った恐怖~」
をお送りします。





それはある日の昼下がり、ちよと二人で新宿の街を歩いておりました。
久しぶりの賑やかな街。道行く人はみな足早に通り過ぎる。
田舎とは違う忙しない雰囲気。
雑踏の中に飲み込まれそうになりながら、それでも私達はただ黙々と歩いていました。








その時突然、何者かが私の前を横ぎり、

ちーよー

ちよを連れ去ってしまったのです。

すぐに後を追いかけましたが、人ごみに紛れ見失ってしまいました。



「ちよー!ちよー!!」
必死に叫びながら、ちよを捜しましたが、なかなか見つけることが出来ません。
どのぐらいの時間、捜しまわったでしょう。
疲れ果て、見知らぬ街角で一人呆然と佇む私。










が、その時でした。
前を歩く人ごみの中に、ちよを連れ去った男を発見したのです。

こいつ


私は猛然と駆け出し、男に掴みかかりました。

てめ

そして腹の底から大声を出して、男を怒鳴りつけました。
「ちよはどこ?!どこにいるのー!!!」
周りの人にじろじろ見られましたが、そんなことを気にしてる場合ではありません。

あまりの剣幕に、困惑したような表情で男が指差した先は・・・







屋上


・・・・・・・な・・・なんてところに・・・なんであんなところにいるの?!

あまりのショックに声も出ませんでしたが、私はちよを救出すべく駆け出しました。






が、その時
ちよはまるで覚悟を決めたかのような強いまなざしで前を見つめ、そして立ち上がったのです。

キッ


まさか・・・そんなまさか・・・・・やめて、ちよ・・やめて・・・・・


飛んだ

ぎゃあぁぁぁぁ

ちぃーよーぉぉぉ・・・・・・・











・・・・・・・お?
ピョーン



えええええええ~~~???








おきた

と言うところで目が覚めました。

夢でした。。。。。

ごめんなさい、すいません 石を投げないでぇ~

banner_22.gif
ちなみに、何の用事で新宿にいたかは不明。
誘拐犯のおっさんは娘の結婚式の帰りで着物を着ていた、と言う設定になってました。
Secret

TrackBackURL
→http://chiyokosyou.blog7.fc2.com/tb.php/100-576fd666
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。