上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル画


その時、時刻は夜の11時を回ったところだった。
ぺえたは静かに階段を下りていった。

ぺえたが向かった先は台所だった。
そろそろ眠りに就こうかと考えていたのだが、その前にどうしてもやるべきことがあったのだ。
それは腹ごしらえだった。

ぺえたは腹が減っていたのだ。
夜遅くに食べるのは体に良くないことは、良く解っていた。
しかし、このまま空腹を抱えて眠りに就くことなど、ぺえたにはできる筈もないことだった。

台所の戸を開けると、ドタドタッと物音がした。

ぺえたはその物音の正体が何なのか、すぐに察した。
「それ」の姿を確認しようと、ぺえたはキョロキョロと台所を見回した。
「それ」がどこに潜んでいるのか把握しておかなければ、安心して食事をすることなどできないのだ。
場合によっては食事をあきらめて退散するしかないかもしれない。

どこにいるのだろう――――。



しっぽ?

いた。

「それ」の正体とは、そう、ネズミだ。

去年の秋ごろから、ぺえたの家では頻繁にネズミが出没していた。
寒くなって食べ物が少なくなったのだろう。
ネズミは夜な夜なぺえたの家に入り込んでは、勝手に天井裏で運動会を開催し、台所で食べ物を物色していたのだ。

ガスコンロの後ろにネズミが隠れていると気づいたぺえたは、このまま立ち去るべきか否か迷っていた。
普通の女性なら、こんなときは悲鳴を上げて、すぐさま立ち去っていることだろう。

しかし、ぺえたは違った。
悲鳴を上げたところで、助けに来る人などいやしないのだ。

ぺえたは恐る恐る手を伸ばし、火をつけてみた。
火に驚いて、ネズミが何処かへ逃げてくれる事を期待したのだ。

しかし、ネズミが飛び出してくることはなかった。
飛び出して来たら来たで、怖いのだが。

どうやらネズミは、ガスコンロの下に潜ってしまったようだった。
ぺえたはさらに悩んだ。
なぜなら、ぺえたが食べようとしていたのは、オートミールだったからだ。
賞味期限ギリギリの牛乳が冷蔵庫に入っているのだ。
もういい加減に使い切ってしまわなければ、捨てるしかなくなってしまう。

火を使わなければ、オートミールを食べることができない。
だが、そこにはネズミが潜んでいる。

空腹のまま、部屋に戻るのは気が引けた。
部屋に戻ったところで、何も食べるものはないのだ。
このままでは眠ることはできない。どうするか―――。

ぺえたは冷蔵庫のドアを開け、牛乳を取り出した。
そして鍋を取り、火にかけた。

ぺえたはオートミールを作ることを選んだ。
結局、空腹に負けてしまったのだ。
ネズミの恐怖より、食欲のほうが勝っていたのだ。

なんという女なのだろう―――。

鍋はすぐにグツグツと音を立て始めた。
ネズミは潜ったまま姿を見せない。

熱くはないのだろうか?
ぺえたは不思議に思った。
それともすでに、何処かへ逃げて行ってしまったのだろうか。

まだ完全に火が通っていなかったが、ぺえたは火を止め鍋を掴むと、一目散に二階へ駆け上がった。
後は余熱で蒸らせばいい。
もうこれ以上、ネズミのいる台所には一秒たりともいたくなかったのだ。



―――翌朝、ぺえたが台所に行くと、いつも通りの朝が始まっていた。
昨夜ネズミがいた形跡さえない。

だが、ヤツはまたやってくるだろう。
今夜も天井裏から聞こえてくるだろう。
ヤツの足音が。
ぺえたは重い表情で俯いた。

俯いたぺえたの目に、空っぽのネズミ捕りが虚しく映った。



あ、千代子が登場してないや


<ランキングに参加しています>
中型犬4  fc2ランク5

ちなみに、過去の「小説風 千代子抄」はこちらです→ その① その②
よかったら読んでみてください♪
スポンサーサイト
本の表紙風

日曜の午後、ぺえたは外出の用意をしていた。
必要な物を鞄に入れ終えると、一階へ下りて行き、車のキーを手に取った。
そして玄関に向かう前に、ぺえたはトイレに入った。
外出前には必ずトイレに入るのが、ぺえたの習慣になっていた。
トイレのドアを閉めた途端、千代子が騒ぎ始めた。
キャォォン、ウォォォンと千代子は興奮して吠え立てている。
きっと、ニョキ立ちもしているだろう。
ぺえたはトイレの中でため息をついた。
千代子は勘違いをしている。
これから散歩に行けるのだと思い込んでいるのだ。

散歩前にトイレに入るのも、ぺえたの習慣になっている。
なぜなら以前、散歩の途中で便意をもよおし、慌てて家に引き返した苦い思い出があったからだ。
それ以来ぺえたは、散歩前には必ずトイレに入るようになったのだ。
そしてその習慣を、千代子も覚えてしまった。
その為に、夕方近くにぺえたがトイレに入ると、散歩に行けると思い、催促吠えをするようになってしまったのだ。

ぺえたがトイレから出ると、千代子がいっそう大声で吠え始めた。
いよいよ散歩に行けると思っているようだ。
千代子の顔は、散歩への期待で満ち溢れていた。
「違うよ、千代子。散歩に行くわけじゃない」
そう言っては見たものの、ぺえたは迷っていた。
先に散歩に行ってから自分の用事を済ませるべきか、それともやはり、用事を済ませてきてから散歩に行くべきか・・・・・・。
嬉しそうに目を輝かせる千代子を、置いて出かけるのも気が引ける。
だが、ぺえたには今日どうしても外出しなければならない用事があったのだ。

今日はレンタルしたDVDの返却日なのだ。
今日返さなければ、延滞料金を払う羽目になってしまう。
ただでさえ、100円レンタルデーの日に借りてきたDVDなのだ。
延滞料金を払うなんて馬鹿げている。
店は深夜まで開いているので、時間にはまだ余裕があった。
しかしぺえたは、できれば夜に車を運転するのは避けたかった。
年のせいで視力が落ちてきていたからだ。
DVDを返してきてから散歩に行くと、外は今より暗くなっているだろう。
日が延びてきたとはいえ、まだ日が短いことに変わりはない。
少しでも明るいうちに、散歩を済ませてきたほうが良いのではないか・・・。
ぺえたは心を決めた。

ぺえたがリードを手に取ると、千代子は大喜びで立ち上がった。
興奮した千代子は、ぺえたの手からリードを奪い取ると、ビタンビタンと激しく床に打ちつけた。
そして次には、床に転がっていたおもちゃを咥え、廊下をドタバタと右へ左へ歩き始めた。
これは散歩前に千代子が必ずとる行動だ。
どんな理由があるのかは解らないが、子犬の頃からそうだった。
千代子は興奮すると、何か口に咥えないといられないようなのだ。
子犬の頃は、おもちゃを咥えたまま散歩に出かけてしまうことも度々あった。
だが今では、ぺえたが「ペッしなさい」と言うと、千代子はおもちゃをポトリと床に落とすようになった。
それが散歩前の二人の習慣になっている。

そうしていつもの遣り取りを終え、二人が玄関を出ると、庭の奥のほうからコココココン、コココココンという音が聞こえてきた。
何か硬い物を叩いているような、高い音。
ぺえたはその音に聞き覚えがあった。
確信を持って音のする方を見てみると、ヒヨドリがぺえたの車の窓ガラスをつついていた。
「またアイツか・・・・・」
ぺえたはウンザリした顔で呟いた。

ヒヨドリが車のミラーに映る自分と戦うようになってから、もう、かれこれ半月以上になるだろうか。
駐車する時にサイドミラーを畳むようにしてからは、姿を見かけることは少なくなっていた。
この数日はまったく姿を見せなかったので、ヒヨドリはもう戦うことを止めたものだとぺえたは思っていた。
しかし、ヤツはまたやって来たのだ。
車をよく見てみると、サイドミラーが閉じられていなかった。
先日車を仕舞う際に、ぺえたはミラーを閉じるのを忘れていた。痛恨のミスだ。
車のドアに目をやると、案の定、フンまみれになっていた。
外出前にまた車を洗わなければならない。
ぺえたは怒りを覚えた。自分に、そしてヒヨドリに。
ぺえたはヒヨドリに向かって大声で怒鳴りつけた。
「コラッ、この野郎」
その声に驚いたヒヨドリは、慌てて飛び去って行った。
後には、鳥のフンにまみれた車が一台、残されていた・・・。

ぺえたの心はまだ怒りに震えていたが、今は千代子の散歩に行かなければならない。
千代子の顔を見ると、満面の笑みを浮かべ、ぺえたを見詰めていた。
「早く行きましょうよ」そう言っているようだった。
ぺえたは気を取り直して、いつものあぜ道へ向かった。
千代子は嬉しそうに尻尾を振りながら、足早に歩いて行く。
あちこちで匂いを嗅ぎ、また、あちこちでマーキングをした。

においに夢中

時おり車が二人の脇を通り過ぎて行く。
ぺえたはいつも、千代子にこう言って聞かせていた。
「千代子、車は危ないんだよ。車が来たら道の端に避けなさい」
だが千代子は、トラックが来ようが、耕運機が来ようがお構いなしだ。
ぺえたが止めないと、道の真ん中を歩いたり、道をジグザグに歩いたり、実に好き勝手に歩くのだ。
ぺえたはいつも車に注意しながら、緊張して歩いていた。
だが、そんな飼い主の心を、千代子は知る由もなかった。

あぜ道を一周して帰宅したぺえたの耳に、またあの音が聞こえてきた。
コココココン、コココココン
車のほうに目をやると、またあのヒヨドリが窓ガラスをつついていた。
「あの野郎・・・・また来やがったか」
ぺえたの心に、再び怒りの炎が燃え広がった。
だが、ぺえたはその怒りを抑え、静かにカメラを構えた。
せっかくだから写真を撮って、またブログのネタにしてやろうと思ったのだ。
ヒヨドリに気付かれないよう、そろりと車に近付こうとした瞬間、ぺえたは転倒しそうになり、うっかり声をあげてしまった。
千代子がリードを引っ張ったのだ。
ぺえた達に気付いたヒヨドリは、また何処かへ飛んで行ってしまった。
「チッ、逃げられたか・・・・」
ぺえたは口惜しそうに呟いた。
だがヒヨドリは、またやって来るだろう。

空は、散歩前より少し暗くなっているようだった。
早くDVDを返してこなくては。
散歩を終えた千代子は、満足そうに廊下で寛いでいた。
ぺえたは千代子に、外出する旨を告げた。
千代子は少し悲しそうな顔をしたが、黙って許してくれた。
ぺえたはDVDの入った鞄を肩に掛け、車のキーを手に持ち玄関を出た。
車の側に来ると、車のあちこちに鳥のフンが付いていた。
地面にも鳥のフンが散乱している。駐車場は鳥ク○臭で満ちていた。
ぺえたは込み上げてくる怒りを必死に抑え、洗車用のブラシを手に取った。
目を吊り上げて車を洗うぺえたを、千代子は窓越しに、ただ静かに見詰めていた。



***************

<筑波山のお土産プレゼント当選者発表>

1週間経ちましたので、当選者の方を発表させていただきます。

お土産

①カエルキティちゃん → マーちゃんさん

②カエルキューピー  → けんPさん

③水戸黄門キューピー → ぶらぼー!さん

以上の方にプレゼントさせていただきたいと思います。
ご応募ありがとうございましたm(__)m


347304.gifおまけ347304.gif

散歩から戻ったぺえたが玄関を開けると、室内にはむせ返るほどの酒の臭いが充満していた。
「なんだこの臭いは・・・・」
あまりの酒臭さに、ぺえたは思わず吐き気をもよおした。
臭いの元は台所にあるようだ。
ぺえたは思い切って台所のドアを開けた。
そこにあった物は・・・・・・・・・・


今年のすみつかれ

「すみつかれ」だった。(しもつかれとも言う)

<ランキングに参加しています>
banner-fc2    banner-中型    banner-人気
我が家では毎年2月の初午の日に、すみつかれを作ることになってるそうです。
まっ、私は食べないけどね
*今日は文字ばかりです


暗闇の中、ぺえたはその泣き声で目が覚めた。
深い闇の中からかすかに聞こえてくる、悲しげな泣き声。
まるで赤子が母を求めるような、悲しい、切ない声。

千代子だ。

千代子

千代子が泣いているのだ。
「またか・・・」
ぺえたはうんざりしたように呟いた。
こんなふうに千代子が泣くのはウン○をしたいときだ。
千代子は(小)はトイレシーツにするが、(大)は外でしかしないのだ。
だがウン○は昼間に出しているし、とても色艶のいいウン○だった。
腹を下しているとは考えにくい。

なぜ泣くのだろう。寂しいのだろうか。
考えている間にも、その泣き声はどんどん大きくなっていく。
ぺえたはため息をつきながら、上着をはおり、ドアを開けた。
そっと階段を降りていくと、ぺえたに気づいた千代子が、待ちかねたようにキュオォォォンと泣いた。
「しーっ、静かに」
ぺえたが声をかけると、千代子は興奮してぺえたの足に飛びついてきた。
「千代子・・・・なぜ泣くんだ? 腹が痛いのか? それともシッコか?」
ぺえたは千代子に尋ねたが、千代子は泣き喚きながら、激しくぺえたにじゃれついてくるだけだった。
その必死な姿は、まるで何かを訴えかけているかのようだ。

ぺえたはカーテンを少し捲って窓の外を見やった。
寒そうだ。
時計の針を見ると午前4時半を回ったところだった。
ますます寒そうだ。
だが興奮する千代子を大人しくさせるには、外に連れ出す以外方法はない。
千代子はもうリードを咥えて振り回していた。
興奮がピークに達しているようだ。
「仕方ないな・・・・」
ぺえたはそう呟くと、玄関の鍵を開け始めた。
途端に千代子の目が輝きだす。


早く、早く開けて。外に出たいの。


ぺえたは千代子が咥えていたリードを手に取った。
そして静かに引き戸を開ける。
冷たい夜風がぺえたの顔に吹き付けてきた。
千代子はぺえたの足元をすり抜けて、一目散に外へ飛び出した。
嬉しそうに庭を飛び跳ねる。
無邪気にはしゃぐその姿に、ぺえたは思わず寒さも忘れ目を細めた。

ぺえたは千代子を連れて、近くの空き地へ向かった。
夜明け前、まだ真っ暗な歩道を歩く一人と一匹。
他に歩いている人など誰一人いない。
いるはずもない。いたら逆に怖い。

千代子は突然走り出した。
そしていきなり立ち止まり、歩道の脇の草むらに顔をつっこんでにおいを嗅ぐ。
走っては止まり、また走っては止まる。
そんな千代子に振り回され、ぺえたは転ばないように気をつけながら暗い歩道を歩いていた。

空き地へ向かう道すがら、2台の車がぺえた達を追い越していった。
ぺえたは思った。
あの車に乗っていた人は、こんな時間に犬の散歩をしている私を、きっと怪しい人だと思っただろうな。
ぺえたは自嘲気味に唇を歪めた。

程なくして目的の空き地についた。
「さあ、千代子。ウン○をしなさい。」
ぺえたは急かすように千代子に言った。
だが千代子は、においを嗅ぎまわっては、あちこちにシッコをかけるだけ。
ウン○を出す気配はまるでない。
やはりゲ○Pではなかったようだ。

また騙された・・・・・。
ぺえたがそう思うのも無理はなかった。
もう3日も続けて深夜の散歩をしているのだから。
ぺえたの心にドス黒い感情が芽生えたが、黙って呑み込むしかなかった。

一通り空き地を歩き回った千代子は、そのまま散歩コースの土手へ向かおうとした。
「待ってくれ、千代子。土手に行くのは無理だ。」
千代子は不満そうな顔をしたが、今、土手は真っ暗闇だ。街灯すらない。
土手に行くのは到底無理なことだった。
諦め切れない千代子は、じっと土手を見つめている。

ぺえたも土手を見つめた。
真っ暗だ。月明かりさえない。
まだ夜は明けないのだろうか。
そう思いながら、ぺえたは空を見上げた。
すると、雲ひとつない夜空に、数え切れないほどの星々が煌いていた。
まさに満天の星空だ。

星空

「千代子・・・星がきれいだ」
ぺえたは千代子に声をかけた。
だが、千代子はきれいさっぱり無視した。
千代子にとっては星など、どうでもいいことなのだ。犬だから。
もっと歩きたい。
今の千代子の頭の中には、それしかなかった。

星に見入っていたぺえたの体が、不意に揺れた。
千代子がリードを引っ張ったのだ。
土手へ向かって歩き出そうとしている。
冗談じゃない。ぺえたはそう思った。
そして、さり気なく家へ向かって歩き出した。
もう散歩の時間は終わりだ。

早朝の散歩を終えて家に辿り着くと、時計の針は午前5時を回るところだった。
千代子は静かに廊下に座った。
まだ息が弾んでいるが、その表情は穏やかで、幸福感に満ちていた。
どうやら散歩に満足してくれたようだ。
これでもう、泣かれることはないだろう。
ぺえたは千代子の頭を撫でながらこう言った。
「もう騒ぐんじゃねえぞ。おとなしく寝ろよ。」
千代子は無言で自分の寝床に横たわった。

これで安心して眠れる。
ぺえたはゆっくりと階段を上がって行った。
部屋へ入ると上着を無造作に脱ぎ捨て、ベッドへ滑り込む。
暖かい。
ああ、やっと眠れる。
安堵感からか、一気に睡魔が押し寄せてくる。
ぺえたはふうっと一息つくと、そのまま眠りに落ちて行った。



数時間後、ぺえたが目覚めると、外はすっかり明るくなっていた。
時計の針を見ると、もう昼の12時を回っていた。
寝過ごすにも程がある。
あまりのショックに、ぺえたはそのまま気を失い、再び眠りに落ちて行くのだった。


<ランキングに参加しています>
banner-fc2    banner-中型    banner-人気
長くてすいません手書き風シリーズ汗1
最後まで読んでいただいて、ありがとうございますm(__)m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。